コラム

乱視カラコンを通販で買おう!安全な販売ショップの特徴とは

乱視カラコンを通販で買おう!安全な販売ショップの特徴とは

カラコンを使いたいけれど、乱視だから使えないと諦めていませんか。決して諦める必要はありません。いろいろな種類が販売されているので、自分の目に合っているものを見つけることができるはずです。どこで購入しても安全だとは限らないので注意が必要です。
安全な販売ショップの特徴がありますので、特徴を頭に入れておきましょう。

どこで買っても同じではありません

日本製ばかりというイメージがあるかもしれませんが、決してそういうことはありません。実は、外国製もたくさんあるので注意してください。
なぜならば、外国製の場合は日本の厚生労働省が認可していない可能性があるからです。
日本で購入するものは全部厚生労働省が認可しているわけではありません。
特に気をつけたいのは個人輸入代行サイトです。
今では多くの人が利用していますし、すでに登録して使ったことがある人もいるでしょう。
日本では処方箋が必要な医薬品を海外から輸入できることもあって、人気がありますが日本の安全基準を満たしていない乱視用カラコンを取り扱っていることもあります。
サイトを見てみるとかわいい乱視用カラコンが販売されているでしょうから、ついつい注文したくなるかもしれません。
しかし、それが日本の厚生労働省が認可しているものとは限らないので見た目だけで選ばないようにしてください。
以前は雑貨として扱われており、いろいろな事故が報告されていました。
今では事故が起こらないように気をつけて販売しています。
通販サイトだと手軽に購入できてとても便利ですが、個人輸入代行サイトの場合は特に注意が必要です。どこで買っても同じなら、安い方が良いと思う人もいますが直接目に装着するものなので、特に注意してください。
もちろん、通販サイトでも安心して購入できるサイトがあります。



どんなサイトであれば安心して購入できるのか

今では高度管理医療機器として扱われるようになったので、これをチェックする必要があります。
お店であれば、スタッフに直接聞くなどできますが、通販サイトの場合は自分で高度管理医療機器であるかどうかを確かめなくてはなりません。
どうやって確認すれば良いのでしょうか。
確認する方法を覚えておけば安心できる乱視用カラコンを購入できます。
そもそも高度管理医療機器に分類されているということは、万が一のことが起こった際のリスクが大きいものです。
厚生労働省が認可を出している証ですし、今の日本ではこの認可が下りていないと販売することができません。 認可が下りているかどうかは、番号が付与されているかどうかで判断できます。
その番号は、高度管理医療機器承認番号です。
乱視用カラコンにも必ずこの番号があり、パッケージに書いてあります。
お店でチェックする際にはパッケージにこの番号が書いてあることを確認します。通販サイトであってもどこかに表示されているでしょうから、必ず確認してください。
承認された年や厚生労働大臣が承認したことなどが全て数字で表記されています。
一見、よく意味がわからないかもしれませんが、それぞれ意味があります。数字だけではなくアルファベットも入っていることが特徴です。
これさえあれば、日本の厚生労働省が安全性を確認できているので使用しても特に問題はありません。

商品だけではなくお店の安全性も確認

チェックするのは、それぞれの乱視用カラコンだけではありません。この他にもその通販サイトが安心できるサイトかどうかを確認しておきましょう。同じように確認する方法がありますので、覚えておいてください。
商品を選ぶ前に、安全なものを取り扱っているサイトかどうかをチェックします。 大抵の場合はトップページにあると思いますが、高度管理医療機器等販売許可証が掲載されています。
これがあれば、安全性が確認できた乱視用などのカラコンを取り扱っているので安心して購入できます。
大抵の場合は、トップページや、会社概要欄、店舗情報などのページに掲載されていることが多いです。
また、安全性について丁寧に詳しく説明しているサイトであれば、より一層安心して利用できます。
それぞれの乱視用などのカラコンの承認番号も大事ですが、販売許可証も合わせて確認しておいてください。
雑貨扱いされていた時代にさまざまな問題が起こったこともあって、薬事法が改正されました。
日本製であればより安心できるかもしれませんが、デザインで選ぶものですし海外製が欲しくなることもあるはずです。
どちらにしてもこれらを確認しておけば問題はありません。

以上の特徴を覚えておくと通販サイトであっても、乱視用カラコンを安心して購入できます。デザインや値段が安いかどうかで選ぶ人もいるかもしれませんが、安全性が最も大事です。以上の特徴さえ押さえておけば大丈夫なので覚えておいてください。

  • 2019.11.27
  • 13:05

乱視カラコンの通販サイトにある販売商品の口コミは参考になる?

カラコンは本来、度の無いファッションのために装着するものでしたが、現在は乱視用のものも販売されるようになっています。店舗に行かなくても通販で購入することも可能になっていて、とても入手しやすいと言えるでしょう。ただし通販の場合は商品に不具合があっても自己責任になってしまうケースもあり、口コミはとても重要になっています。

乱視カラコンを購入する場合の注意点

度のあるコンタクトレンズは医療器具に該当しているため、店舗で販売されている場合は正規流通品になります。これは厚生労働省の規定に適合していることを意味していて、商品に対して問題が発生することはとても低くなっているので安心できるでしょう。これが通販であっても本来は正規流通品であることが前提になっているのですが、販売元によってこの状況には変化が生じています。まず国内企業で製造された乱視カラコンであれば正規品だと考えていいのですが、問題なのは海外企業で製造された場合です。海外企業でも大手企業であれば何も問題は無いのですが、あまり知られていない企業が製造したものについては品質に差が生じることがあります。この品質の違いは耐久性や適切な度が入っているのかということから、異物などが混入していて眼球を傷つけてしまうという事象などが考えられます。コンタクトレンズはメガネと異なって眼球にそのまま装着してしまうので、粗悪品であると眼球を傷付けたり視力矯正にならず、悪影響を与えてしまう可能性が高くなってしまうでしょう。この品質については国内企業であればまだいいのですが、外国企業であると個人が調べただけでは簡単にわかるようなものではありません。そのために企業の信頼性というのは重要であり、名前のよくわからないところで製造されている場合には、事前に調査をしてその安全性を確かめておくことが大切になってきます。

乱視カラコンは通販で購入することができるのか

医療器具や薬剤については現在のところ、通販による購入が認められています。ただし国内の通販会社の場合は業界の自主規制で扱える商品が制限されていて、薬剤であれば第一類医薬品は適用外であり、第二類医薬品から該当商品になっているのですが、その種類についても制限があります。その理由は医療機関から処方する場合と異なり、通販では自分の判断で薬剤の種類を選択するため、判断間違いをしていると当然に効果がないだけでなく、悪化する危険性があるからです。そのため判断間違いを行っても特に問題がない種類だけを扱えるようになっているのですが、コンタクトレンズについては規制が緩やかになっています。度の無いカラコンはファッション性を重視していて医療器具では無いので、全く規制はかかっていません。それが度が付くことで医療器具になるのですが、本人の申告によって度の調整が行われるので、間違えてたとしても自己責任で関係企業への責任が少ないということで、通販での購入が普通に行われています。店舗に行って適切に視力の状態を判断して購入するのが最適であるのは間違いないのですが、手間と時間がかかるので、店舗以外の方法で入手する人が増加しているのは仕方が無いと言えるでしょう。店舗を利用しないのは、コンタクトレンズは使い捨てのタイプを使用するのが主流になっていて、何度も店舗に足を運ぶのが面倒というのが最大の理由になっています。

乱視カラコンを通販で購入する時に口コミが参考になる理由

乱視カラコンを通販で入手する場合には、国内企業が行っている販売方法を利用する場合と、個人輸入の形式で代理業者が仲介する場合があります。国内企業を使うのであれば日本の国内法が適用されて安全性が確保されますが、個人輸入では販売経路の途中で粗悪品が混入してしまうケースもあるので、注意が必要になるでしょう。これは元から粗悪品だとわかって販売する悪質なケースは少なく、どこで混ざったのかわからないという理由が多くなっています。このような状況になるのは、日本と比べて外国では商品管理が厳しくない地域もあるからで、販売しているところに問題があるのか、それとも移送する運送業者に問題があるのか特定が難しいというのが現状です。個人輸入は仲介業者がいても全面的に自己責任になってしまう場合が多く、トラブルが起きて補償を求めても対応はできない可能性が高いと認識する必要があるでしょう。そのために個人輸入で乱視カラコンを入手したいのであれば、同じ方法で既に購入した人の口コミが参考になるのは間違いありません。口コミには多くの意見が寄せられるので、必ずしも同じ意見ばかりではありませんが、多くの人が寄せている内容であれば信用してもいいでしょう。これは国内企業であっても同じであり、ある程度の安全性があるといっても本当に適切な商品を送ってくれているのか確認ができないので、信用を確保する意味から口コミを見ることは大切です。

通販は現在の生活では店舗で商品を買うこととほとんど変わらなくなっていて、インターネットを利用すれば自分の好きな時に買えるので、とても便利です。しかし便利と共に販売元に全てを委託することにもなり、トラブルが発生することもあります。不要なトラブルを回避する意味から、口コミというのは大いに役立ってくれるでしょう。

  • 2019.12.09
  • 15:54

乱視カラコンが近所で販売してない!そんなときは通販がおすすめ!

乱視なので普通のカラコンじゃ困るという人はきっと多いはずです。それなのに、近所では乱視カラコンを販売しているお店がないから、我慢するしかないと思っていませんか。
おしゃれもしたいし、普通のコンタクトレンズでは物足りないと思っているのなら、乱視用も取り扱っている通販を利用しましょう。

近所にお店がなくても安心!通販で探そう

今時の女子はカラコンで印象をガラッと変えることも多いです。
だけど、自分がよく行く場所では取り扱っていないから使ったことがない女子は多いかもしれません。
本当は興味があるけれど、お店で売っていないから使っていないのなら通販がおすすめです。 通販なら種類もたくさんありますし、きっとお気に入りを見つけることができるでしょう。黒目を大きくして目を大きく見せたい女子にも良いですが、コスプレをする時に使ってみたい人にも良いかもしれません。
種類が豊富だから、ファッションに合わせていくつか買っておくと良さそうです。
黒も良いけれど茶髪だから茶色にしてみるのも良いですし、思い切って青や緑に挑戦してみるのも面白そうです。
カラーバリエーションも豊富だから、ちょっと冒険して見たい人にも良いかもしれません。お店ではなかなか見ないような色に挑戦することもできるので、変わったカラコンを探している人もチェックしてみてください。
近所で販売していないと買えないわけではありません。通販サイトならスマホからも注文できますし、パソコンやタブレットからも注文できるので、どこに住んでいる人でも購入できます。
むしろ、お店よりも種類が豊富ですから、たとえ近所にお店があったとしても利用した方が良いかもしれません。まだ、全然チェックしていない人は一度サイトをチェックしてみましょう。

乱視の人もコンタクトレンズ専門店なら大丈夫

意外と乱視の人も多いはず。乱視だからカラコンは難しいでしょ?と思っている人もいるかもしれませんね。
実は、乱視用のカラコンもたくさんあるので安心してください。
度ありや度なしだけではありません。
どんな人も使えるようにたくさんの種類を用意しているので、コンタクトレンズ専門店のサイトを見てください。
きっと自分の目に合ったカラコンが見つかります。
1dayや半年、1年用もあるのでこちらも合わせてチェックしましょう。
単にデザインが良いだけではなく、それぞれの人のスタイルに合わせて選べるのも嬉しいです。
衛生的に使いたい人も安心できますね。
度なししか販売していないサイトも結構ありますが、それでは困りますよね。
専門サイトでは商品で度なしや度あり、乱視用などが用意されています。
これだけ種類が充実しているのもコンタクトレンズ専門店ならではかもしれません。
近所にコンタクトレンズ専門店があればこれだけの種類がそろっているお店があるかもしれませんが、そういうお店は決して多くはありません。
ならば、通販サイトを活用してみましょう。 もちろん、注文する際にはデザインだけではなくちゃんと乱視用かどうかを確認してからカートに入れてください。
ここを間違えないように自分の度数を確認しましょう。
お店でしかコンタクトレンズを購入したことがない人は特にこの点を忘れやすいかもしれません。
必ず商品が掲載されているページに書いてありますから、よく確かめた上で注文すれば間違えなくて済みます。

モデルが使っている写真を参考にしよう

実際に自分で使ってみないとどんな感じになるのかがわからないとは思いませんか。カラコン単体の写真だけを見ても、装着した時の印象がわからないと困ります。
通販サイトの場合は自分で装着できないだけに、このような問題があるので困るという人は多いかもしれません。
そのため、何人ものモデルがカラコンを装着した写真を掲載していますので、これを見れば自分が装着したらどういう感じになるのかを想像しやすくなります。
自分が装着しているわけではないけれど、モデルが装着した写真を見れば装着したらどのような感じになるのかはわかるので安心できるはずです。
実際に使ってみるとこういう印象になるんだとわかれば、失敗することもないはずです。
一見、派手な感じがするカラコンも意外と派手にはならなかったり、大人っぽくなったりすることもあるので、モデルの写真はよく見ておいた方が良いです。
自分のお気に入りのモデルが使っていることもあるはずです。
たくさん種類があるとどれにしようか迷ってしまう人も、選びやすくなります。見た目が重要ですから、カラコンを注文する時には参考にしましょう。

これなら近所にお店がなくても安心してカラコンが買えます。
乱視用もありますし、写真がたくさん掲載されているから実物を見ていなくても失敗しないで購入できるはずです。
おしゃれを楽しみたいならスマホなどから注文して楽しんでみてください。

  • 2019.12.09
  • 15:59

通販は特に注意!販売されている乱視カラコンと普通のカラコンの違い

オシャレのためにカラコンを着ける人も多くいますが、目が悪い場合はどうしたらいいのか分からないという人もいるかもしれません。通常のクリアなコンタクトレンズには乱視用や近視用といった度入りのものがありますが、カラコンの場合はどうなのか疑問がわいてきます。今回は、乱視用と通常のものの違いについて分かりやすく紹介します。

そもそも乱視とはどんな状態を指すのか

普通のカラコンとの違いについて紹介する前に、そもそも乱視とは何かを理解しておきましょう。この「乱視」というのは、目の中にあるレンズの働きをする部分に歪みが生じているために、ピントが上手く合わない状態のことを指します。目のレンズ部分が歪んでいると、目に入ってくる光を1点に集中させることが出来なくなり、縦方向や横方向にぼやけたり、あるいは全体的にぼけて見えたりするのです。目が見えにくくなる状態には、他にも近視や遠視があり、近視の場合は遠くが見えにくく、遠視は近くが見えにくいという症状になります。しかし乱視の状態の場合は、全体的にピント調整が上手く出来ないという症状を起こしてしまうのです。こうした症状は、年齢が高くなり、体力が若い頃よりも衰えるのと一緒に起こることがあると言われています。ですので、歳を重ねると誰でも起こり得るものだと言えるでしょう。またこの症状は、パソコン画面に映る文字などがぼやけて見えることがあり、自覚がない場合は単なる目の疲れだと勘違いしてしまうケースもあります。そのため、文字や地図などがぼやけたり二重に見えたりし始めた場合は、1度眼科へ行って診察を受けてもらうようにするとよいでしょう。そして診察によって自分が乱視だと分かった場合は、カラコンを選ぶときも普通のものではなく、それ専用のものを選ぶことが必要になります。

普通のカラコンとの違いは何なのか

では、本題である普通のカラコンとの違いは何かというと、まず挙げられるのは「度が入っている」ということだと言えます。普通のものは、純粋にオシャレを目的として着けるものなので、クリアな通常のコンタクトレンズのように度が入っているわけではありません。眼鏡にも伊達眼鏡やサングラスのようなオシャレ目的のものと、目が悪い人が使う度入り眼鏡がありますが、コンタクトレンズに関しても同じような種類の違いがあるということです。そのため乱視の場合に、度が入っていない普通のものを装着すると、ものがぼやけたように見えてしまうでしょう。しかし度が入ったものであれば、カラーの入ったコンタクトでオシャレをしつつ、視界もクリアにすることができるのです。次に挙げられる違いは、普通のものよりも「商品の種類が少ない」ということです。インターネットで検索すると、外国製のものは比較的多く見つけられるのですが、これらの商品は厚労省から承認を受けていないものになります。そのため、厚労省から承認を受けた国産のものを探そうとしても、数が限られてしまうことがあるのです。度が入っていない普通のものであれば国からの承認は必要ないため、商品の種類が豊富に揃っているのですが、度入りの場合はそうとはいかない状況があります。とはいえ最近は、昔と比べると承認を受けた度入りの商品も増えていると言われているので、乱視の人でもカラコンでオシャレを楽しめるようになってきているということが言えるでしょう。

近視用との違いと通販を利用する際の注意点

普通のカラコンとの違いは先ほど紹介した通りですが、実は同じ度入りである近眼用のものとも少し違う点があるため、そのことも知っておくとよいでしょう。その違いは何かというとレンズの形であり、乱視用のものはレンズが動かないようにするためにその上下の部分に厚みを持たせています。また取り扱いに関しても、近視用とは違って装着する際の上下の方向が決まっている(印が付いている)ので、それを間違えないようにする必要があります。そして商品の購入をするときは、通販を利用する人も多くいますが、その際に気を付けておきたいことがあります。それは、先ほども説明したように度入りのコンタクトレンズは厚労省の承認が必要になるため、その承認を得ている商品を販売しているお店かどうかをチェックする必要があるということです。度が入っていない普通のものを購入する場合はその必要はないのですが、度が入ったものを選ぶときは、まず販売店を慎重に選ぶことが大切になります。また、国の承認を受けていないものを選ぶとトラブルが起きる可能性が高くなると考えられるため、避けたほうがよいと言えるでしょう。さらに、乱視度数などの目の情報が分からないと自分に合ったレンズが選べないため、事前に眼科へ行って調べてもらうことが必要になります。普通のものを購入する場合はこうした手間はかかりませんが、度入りのものを選ぶときは少し手間がかかるという違いがあると言えるでしょう。

乱視とは、目のレンズの歪みによってピントが合わない状態のことであり、加齢などによって起こることがあります。乱視用が普通のカラコンと違う点としては、度が入っていることと、商品の種類が少ないことが挙げられます。また通販を利用する際は、国の承認を受けたものかどうかを確認することが大切です。

  • 2019.12.09
  • 16:23

通販や店舗販売が増えている乱視カラコン!目の負担はどのくらい?

最近は乱視カラコンを使用する人が増えています。通販や店舗販売が増えて需要が高まる一方で、目には負担がないのだろうかと心配になる人も少なくありません。乱視カラコンを使用している、これから使いたいと考えている場合は、目にどの程度の影響があるのか知っておくことが大切だと言えます。

乱視カラコンは目に負担がかかるという話は本当なのか

乱視カラコンを使うことで目が疲れる、頭が痛くなるなどの話を聞いたことがある人もいるかもしれません。なかには使い続けていると視力が下がったように感じるという話もあるなど、人によっては使用することに対して不安を感じた経験がある人もいるのではないでしょうか。たしかに、乱視カラコンを利用すると多少ですが目に負担はかかってしまいます。ただし、これは乱視カラコンだからというよりは、コンタクトを使っていることに原因があります。コンタクトレンズを装着すると、何もつけていない状態よりも目が乾燥しやすくなるので、ドライアイから目の疲れや頭痛を引き起こすことがあるのです。視力が下がったように感じるという話は、疲れ目のせいで見え方が悪くなっていたり、長期にわたって眼精疲労が続いて視力が下がったりすることが原因だと言えます。乱視カラコンを装着すると目に負担がかかってしまうことは事実ですが、カラコンであることが理由ではなく、コンタクトレンズを使う人であれば誰にでも起こり得る症状だと言うことができるでしょう。どのような種類であってもコンタクトレンズを装着するのであれば、目が乾燥しないように目薬を使用する、長時間使用しないように気をつけることが大切だと言えます。ドライアイにならないように意識するだけでも、目に対する影響を少なくすることができるのです。

度数やサイズが合っていなければ目に負担がかかってしまう

乱視カラコンを利用する際に気をつけなければならないことは、度数やサイズだと言うことができます。これらが合っていなければ目に悪い影響を与えてしまう可能性が高いです。乱視用のコンタクトレンズは度数以外にも必要となる情報がたくさんあります。PWR(度数)とDIA(直径)、BC(ベースカーブ)とAXIS(軸)、CYL(乱視度数)の5つの情報が必要です。商品によってはDIAやBCが選択できないものもありますが、基本的にはこれらすべての情報を把握しておくことが重要だと言えます。普段から乱視用のコンタクトを使っているのであれば、そのデータを参考にすることができますが、いつもは眼鏡を使っているのであればデータが分からないはずです。最近では通販で多くの種類が販売されているので、通販で購入したいと考える人は多いですが、購入する前には度数やサイズなどのデータを測定しておくようにしましょう。度数やサイズが適していなければ目が疲れてしまうだけではなく、乱視を悪化させる原因となってしまうので危険です。まずは眼科医院やコンタクトレンズクリニックで自分に適したサイズを確認することから始めましょう。適切な度数やサイズを知ることができれば、通販やお店で販売されているカラコンを正しく購入することができます。目に適したものを選べば、視力低下などを引き起こす可能性が低くなるでしょう。

正しく使用すれば目の負担を減らすことができる

コンタクトレンズの性質上、使用することで目に影響が出てしまうことは仕方のない部分もあります。乱視カラコンを使用する場合も同様で、商品自体に問題がなく長い間レンズを装着し続けることでドライアイを引き起こしたり、自分の目に適していなければ頭痛や視力低下を引き起こす可能性があるのです。なかには勿体ないなどの理由から、使用回数を無視して利用したり、使用期限が切れているものを利用したりする人もいますが、これも目に悪い影響が出る可能性があるのでやめましょう。カラコンを利用するのであれば、ドライアイを引き起こさないように目薬でケアする、なるべく長い時間装着しないようにするなど注意することが大切です。自分に適したものを正しく使用しなければ目に大きな負担がかかってしまいますが、適切に使うことができれば負担を減らすことができます。コンタクトレンズを装着する場合、多少の負担は避けて通ることができませんが、正しい使用を心がけることで症状を軽減することができるでしょう。特に乱視の場合は、いい加減な度数やサイズのものを選んでしまうと乱視が悪化してしまう可能性があるので危険だと言えます。カラコンを購入するときは正確なデータを知ったうえで、自分の目に適したものを購入できるようにしてください。正しく使用することで、なるべく目に負担がかからないようにしましょう。

コンタクトレンズは正しく使用しなければ、頭痛や疲れ目などの症状、視力低下などを引き起こす可能性があります。カラコンを購入する際も自分の目に適したものを選択し、正しく使うようにしましょう。そうすることで、目にかかる負担を減らすことができます。

  • 2019.12.09
  • 16:24

通販で乱視カラコンを買うときは自分の目の情報が必要!販売元によってサイズも違う!?

最近では通販でたくさんの乱視カラコンが販売されています。手軽に買うことができるので便利ですが、購入するときには自分の目の情報が必要です。正しい情報を知らなければ適したレンズを選ぶことができず、目に悪い影響を与えてしまう可能性があります。通販で乱視カラコンを購入する前には、事前に目の情報を確認しておきましょう。

乱視カラコンを通販購入するときは目の情報が重要

コンタクトレンズを購入する際は度数を調べてから、その人の目に適したものを購入しなければなりません。カラコンの場合も同じであり、度数などの目の情報を確認してから、自分の目に適した商品を買う必要があります。特に乱視の場合は近視などと比較すると確認しておくべき項目が多いです。きちんと確認してから購入しなければサイズが合わずに違和感を覚えたり、視力低下などを引き起こしたりする可能性もあるので注意しておきましょう。近視用の場合は度数や直径、ベースカーブなどの情報で購入することができ、商品によっては度数だけで買える場合もあります。しかしながら、乱視用の場合はこれら3つのデータに加えて軸や乱視度数の情報も必要です。乱視用の場合でも、直径やベースカーブを選択できない商品もありますが、自分に適したレンズを選択するためにも5つの数値を確認しておきましょう。普段からコンタクトレンズを使用している場合はその数値を参考にして購入することができますが、いつもは眼鏡を使用しているのであれば、眼科医院やコンタクトレンズクリニックで測定してもらってください。通販で購入する場合は数値を測定してもらうことができませんので、あらかじめ自分で調べておく必要があります。これらのサイズをもとにしてレンズを選べば、通販を利用する場合でも適切なものを買うことができるでしょう。

販売元によってサイズが違うので注意しよう

乱視用のカラコンには様々な販売元があります。少し前までは販売しているメーカーが限られていましたが、現在では需要の高まりとともに販売メーカーが増えているのです。メーカーによってベースカーブや直径が選択できないケースもあれば、2つのサイズから選択できる場合もあります。より自分に適したレンズを選択したいと考えるのであれば、どのようなサイズを選ぶことができるのか知っておかなければなりません。度数や軸がピッタリだったとしても、直径やベースカーブが適当でなければ目に違和感を覚える可能性があります。目にごろつきを感じてしまったりレンズがずれる感覚を覚えてしまったりすると、カラコンを装着することが嫌になってしまうでしょう。それだけではなく、眼球に圧迫感があったり締め付けを感じる可能性もあるので注意が必要です。近頃は通販で多様な種類のカラコンを購入することができますが、販売元ごとにサイズが異なっているのできちんと確認しなければなりません。サイズなどをしっかり確認せずにいい加減な買い方をしてしまうと、目に適したものを選ぶことができないので、視力の低下や目の炎症などの原因にもなりかねません。商品の詳細ページを参考にすれば直径やベースカーブなどのサイズを調べることができるので、度数だけではなくサイズについても適切なものを選ぶことができるようにしてください。

度数やサイズが合うものを購入しよう

乱視用のカラコンを購入するときには、度数やサイズが適していることが大切です。これらが正しいものを選ばないと、目が悪くなってしまったり、装着しているときに違和感を覚えることの原因になってしまいます。特に乱視用のカラコンを選ぶときには、自分に適しているものを選ぶことができなければ、乱視が悪化してしまう可能性が高く、危険です。通常のコンタクトレンズは眼科医院で処方してもらうことができるので、その人に適切なものが処方されますが、カラコンを通販で買う場合は自分で度数やサイズを確認して購入しなければなりません。直径やベースカーブなどのサイズはどこで購入しても同じだと思っているかもしれませんが、メーカーによっては違っている場合もあるので、注意しておきましょう。最近では通販で販売されている乱視用カラコンの種類が豊富になっているので、自分に適したレンズを選びやすくなっています。少し前までは目に適切なものがないという理由からカラコンの購入を諦めなければならない人も多かったのですが、現在では多数の商品から自分に適しているものを買うことができるので安心です。カラコンを購入するときは色や雰囲気を気にしてしまう人が多いですが、度数やサイズもきちんと確認しておくようにしましょう。適切な商品を購入して使用すれば、目に負担をかけず装着することができます。

通販で乱視用カラコンを購入するのであれば、自分の目の情報が必要となります。販売元によってサイズが違うこともあるので、購入する前には詳細情報を確認しておくことが大切です。レンズの情報を確認して、自分に適したレンズを選択できるようにしましょう。

  • 2019.12.09
  • 16:25

通販で乱視カラコンを買うときは「販売元」もしっかり確認しましょう

視力は人間が情報確認をする作業のほとんどを担っている機能であり、見えにくくなると生活に大きな支障を生じてしまうでしょう。その為メガネやコンタクトレンズでカバーする人も少なくないのですが、ファッション性を求めて色付きのカラコンを利用する人もいます。乱視のためのカラコンも通販で販売されていますが、購入には注意が必要です。

乱視用のカラコンとはどのようなものか

カラコンというのは色付きのコンタクトレンズでファッション性を重視したものが主流であり、若年層や芸能人のような大勢の人の前に出る職業の人が装着するものという認識が強かった商品です。このコンタクトレンズを付けると黒目の部分が西洋人のようなカラフルな色になり、注目を浴びるのは間違いありません。ところが現代の人々は携帯電話やパソコンなど目を酷使する場面が多くなり、視力に問題を持っている人が多くなっています。しかし、おしゃれを行いたい人がカラコンを装着すると視力矯正には眼鏡を使用しなければいけないため、おしゃれと視力矯正のどちらも利用したいという人の希望を叶える意味から、現在は度の入っているものも多く販売されるようになりました。この度付きのものは原則としては厚生労働省の認可を受けたものだけしか販売できないことになっていて、高度管理医療機器という名称で分類されています。販売方法は専門の販売店で購入するのが一般的ですが、通販によって販売することもできるので、店舗に行くのが面倒と感じている人は通販を利用することが多くなっているでしょう。コンタクトレンズはサイズが決まっていて調整する必要がなく、度のあるものは適切になるように調べてもらう方がいいのですが、自分の状態をある程度把握している人の場合は、自分でどのような度にするのか判断して購入することもあります。

カラコンを購入する場合の注意点

コンタクトレンズは眼球に直接装着するため、粗悪品を使用すると眼球を負傷してしまう可能性があります。このような影響を受けるのを避けるためには管理を徹底して、装着前にはしっかりと確認することが必要ですが、他にも製品そのものが適正であるのか知っておくことが重要です。店舗で購入する場合はどこで製造されたものかわかりますし、粗悪品を使用する可能性は限りなく低くなっています。これは店舗で販売する場合は正規流通品を使っているからであり、販売元もしっかりしているので安心して使うことができるでしょう。また正規品は厚生労働省の認可を受けているものなので、店舗で販売されている製品であればここでも安全性が高くなりますが、問題なのは通販によって購入する場合です。通販には国内の企業が商品を提供しているものと、海外企業が作った商品を代理店契約を行って提供する場合と、個人輸入の形式で個人が直接に購入する方法があります。個人輸入以外は外国製であっても国内企業が関与しているので厚生労働省の認可を必要としますが、個人輸入ではそのような規制が緩くなってしまうケースがあり、中には粗悪品が流通している可能性があります。この個人輸入の購入方法は日本で行われている通販の方法とほとんど同じなので、難しい知識がなくても行うことができます。ただし全てが自己責任になってしまうので、粗悪品によって眼球に悪影響が起こっても、販売元に責任を追及するのは難しくなっています。

乱視用のカラコンを装着する前にやっておくべきこととは

度の入っているカラコンを使いたいのであれば、自分の視力の具合に適合しているのか事前に調べておく必要があります。これは度の合っていないものを使用すると視力低下が早くなるだけでなく、眼精疲労から頭痛などの体調不良を引き起こしてしまうからです。また視覚情報が適切に伝わらないので、自動車などの運転は困難になるでしょうし、日常生活でも不具合を生じてしまうでしょう。特に視力というのは変化することが多く、その時に合ったものを使わなければ、以前の状態のままでは適合性が欠如していることもあります。通販は自分の好きな時にインターネットを使うことで利用できるので、とても便利であるのは間違いありません。しかし、このような購入方法では自分の視力の状態は自己申告になってしまうため、以前の状況と違っていれば合っていないものを使うことになってしまうでしょう。通販での購入が全て悪いというわけではありませんが、直前に専門機関で自分の現在の視力の状況がどうなっているのか確認することが大切です。度付きのカラコンは自分以外に使用することはなく、他に確認してくれる人もいません。だからこそ、その使用には責任を負わなければならず、悪影響が起きないように万全を期すのは当然だと言えるでしょう。見るという行動が人間にとってどれだけ重要なのか考えれば、この事前の確認は必ず行うようにしてください。

乱視の人は視力矯正を行える用具を使わなければ、生活をする上でとても困窮してしまいます。おしゃれにも興味がありカラコンを使いたいという人が度付きのものを使いたいという気持ちも理解できますが、安さや手軽さだけを求めては大きな痛手を受ける場合もあるので、安易な考えで使うのは避けるようにしてください。

  • 2019.12.09
  • 16:36

通販でも買えるのはどこ?乱視カラコンの販売メーカーとは

瞳の印象をグッと変えることができるカラコンには、カラーレンズとサークルレンズの2種類があります。
メーカーも増えていうることから、より自分の理想とする瞳を追求できます。
ただコンタクトレンズを利用する上で、乱視の人に適したタイプは少なく、瞳のおしゃれが楽しめないと諦めてしまっている方は多いのではないでしょうか?

乱視でもカラコンを楽しめる時代になっています

そもそも乱視とは、瞳のレンズの役割を持っている角膜と水晶体に歪みが起こることで、レンズにピントが合わなくなり物がぼやけて見えるようになる状態を指します。
放置しているとピントを無理に合わせようと目に負担がかかり、疲れ目の原因となる恐れがあるため歪みを矯正する専用のレンズが必要となるのです。 専用レンズは通常のコンタクトレンズと異なり、トーリックコンタクトレンズと呼ばれる特殊な形状をしており、レンズの上下と左右のどこか一部を厚く作ることによって、瞳を矯正することができる特徴があります。 コンタクトは目に入れるとまばたきで回転してしまうため、軸がぶれないようなデザインにする必要があることから、現在はダブルスラブオフやプリズムバラストと呼ばれるデザインがあり、この2つを組み合わせたタイプも販売されています。 今までは乱視用のカラコンを取り扱うメーカーが少なかったのですが、海外、国内メーカー共に専用カラコンを販売するメーカーは増えており、カラーバリエーションやデザインの不足に悩んでいた方でも、気軽に通販サイトで乱視カラコンを購入できるようになり、楽しめる時代になりました。 ただし通販サイトなどは手軽に注文できる反面、専用レンズを選択する場合にPWRと呼ばれる度数や、シリンダー、アクシスといった乱視度数や乱視軸の情報をきちんと理解して注文することが大切になります。

乱視専用のレンズを取り扱っている販売メーカーを探す

乱視用のカラコンを取り扱うメーカも増えてきており、販売店に直接行かなくても通販サイトで手軽に注文が行えるようになってきました。しかし通常の度数だけで注文をするコンタクトレンズとは異なります。単純な度ありのレンズでは視力をきちんと矯正することができません。そのため通販サイトで注文をする際には、必ず商品に乱視用と記載されている物を購入するようにしましょう。 また専用のレンズを取り扱っているのは海外メーカーが多いのですが、海外から直接輸入されている製品を購入する場合にチェックするポイントとして、厚生労働省の認可番号があるかを確認するようにしましょう。瞳の状態をきちんと矯正して今以上の悪化を防がないためには、厚生労働省の認めた高品質で安全なレンズを使用することが大切です。 ネットの普及で通販サイトからレンズを購入する人は増えてきていますが、通販の場合は「高度管理医療機器認可証」のあるショップかどうかで認可されている店なのかを判断することができるので、必ずチェックを行うようにしましょう。 またレンズを選ぶ際に気をつけなくてはいけないのが、度数だけではなくシリンダーとアクシスの種類です。瞳の度数に合わせて度ありと度なしの2種類を選択する方法が一般的ですが、乱視用になるとCYLと表記されている瞳の歪み具合の数値と、AXISと表記されている瞳の歪みの角度を正しく記入する必要があります。そのため新しくレンズを購入しようと考えている方は、事前に眼科で正しい自分の瞳の数値を知る必要があるのです。

乱視でも瞳を大きく魅力的に見せよう

専用レンズは特殊なデザインとなっているため、通常のレンズに比べても精巧に作ることが求められています。しかし近年になってきちんと矯正が行うことができるダブルスラブオフデザインを採用したレンズが登場し、レンズの上下を薄くして左右方向を厚くすることで装着後のレンズの回転を抑えることができるようになりました。 現在国内で販売されている専用レンズは、普段使いがしやすいブラックやブラウンといったナチュラルカラーのタイプが主流です。瞳に馴染みやすいカラーなので日常使いはもちろん、特別なイベントの時にも身につけることができる手軽さがを持っています。カラコンのブラックというときつい印象を受けがちですが、自分の瞳の色を活かしつつさりげなく瞳の印象をアップさせる効果が得られることがメリットです。 ブラウンカラーは、瞳にフェミニンな印象を与える効果があります。黒目がちの瞳に装着させることによって自然なブラウン感がプラスされるようになり、元々茶色の瞳ならより自然に大きく見せる効果が期待できます。ブラックではきつめの印象になってしまう方なら、ブラウンを選択することで優しい印象を保ちつつイメチェンも可能になるのでおすすめです。 瞳の乾燥が気になるようならMPCポリマーなど潤い成分を利用しているレンズや、紫外線から瞳を守るUV吸収剤を配合しているレンズを選ぶようにすることで、瞳に優しい使い心地を維持することができるようになります。

きちんと矯正しないと、乱視は眼精疲労や頭痛、肩こりといったトラブルが出てくる可能性が高いと言われています。そこで矯正を行いつつ、瞳を大きく印象的に見せることができる専用カラコンは女性を中心に人気が高くなっているのです。カラーや度数などをきちんと理解し、自分にぴったりのレンズを選ぶようにしましょう。

  • 2019.12.09
  • 16:38

通販でポチる前にチェック!乱視カラコンを販売している眼科はある?

通販でカラーコンタクトレンズを手軽に購入して、オシャレを楽しむ人は増えています。昔は乱視の場合にはコンタクトレンズを使うのは難しい事でしたが、今では専用のコンタクトレンズがあります。通販では乱視用のカラコンも販売されていますが、通販で購入前に知っておく事やポイントがあるので紹介していきます。

乱視用のカラコンを販売している眼科はある?

乱視用のカラコンは通販で販売していますが、眼科でも販売している場合があります。カラコン以外のソフトやハードのコンタクトレンズは大抵の眼科では処方箋を出して、系列の販売店や通販などで購入できますが、一部の眼科でも販売しています。販売しているのは眼科というよりも、系列の販売店という事も多く、眼科で処方箋を出してもらって隣接する系列店舗などで購入することになります。 通販でカラコンを購入することは、少しでも安く手に入れる方法のひとつであったり、店舗に行かずとも手軽に購入できる方法でもあります。注意したいのは、通販で取り扱っているカラコンには、厚生労働大臣の承認を得ていない場合があり、使用方法が間違っているなどで眼のトラブルを招いているケースも少なくありません。 眼科で処方箋をもらって購入することは、カラコンを使って調子が悪くなった場合、医師の診察と指導を受けることが可能になる事が大きなメリットとなります。また、眼科によっては様々なカラコンを用意しているので色々と試すことが可能であったり、デザインだけではなく、目の度数やカーブなどに細かく合わせることが可能です。 カラコンといえどもコンタクトレンズなので、目に直接のせて使うものです。通販で手軽にカラーコンタクトレンズも購入可能ですが、処方箋がなくネットで購入する場合には、眼にトラブルが起きないように注意して選ぶ必要があることは知っておく必要があります。

カラコンもある乱視用コンタクトレンズ

コンタクトレンズを使っていて、遠くも近くもぼやけて見えたり、暗いところが見づらかったり、物が二重に見え、数字やアルファベットの区別がつきにくく、頭痛や肩こりなどがある場合、乱視の可能性があります。 症状が強い場合、通常のコンタクトから専用のコンタクトレンズに変えることで肩凝りや頭痛などが改善するという可能性も考えられます。乱視用も以前に比べて種類が増えて、薄型で装用感が優れたタイプも多くなっています。眼科では多数のカラーコンタクトレンズを用意しているところもあるので、相談すると良いでしょう。 乱視用コンタクトレンズは、実は特殊レンズなので、安定した見え方になることが難しいレンズでもあります。一度ではコンタクトレンズを決めることが難しい場合もあるので、最初の処方箋で作ったコンタクトレンズでも徐々に見え方に違和感を感じることもあります。 ネットでも手軽にカラーコンタクトレンズが購入できるようになっています。近視以外のカラーコンタクトもあり、とても多くの種類を取り揃えているサイトもありますが、特に乱視が強い場合には、ネットでの購入はよく考えてから行う事が大切です。眼科で処方箋を出してもらうことは当然ですが、それだけではなく系列の販売店があるような眼科を選ぶことも必要なことです。また、専門医師や視能訓練士がいるような病院では、安心してカラーコンタクトレンズを購入することが出来ます。

通常のコンタクトレンズと違いがあります

乱視の場合、網膜の中でピントが合っておらず、物が二重に見える症状があるため、専用のコンタクトレンズを使う必要があります。近いところや遠いところもぼやけて見えるので、眼が疲れやすく視力が低下する事もあります。 日常を快適に過ごすためには、自分の目にあったコンタクトレンズを使って矯正する事が大切です。カラーコンタクトを使う場合であっても、オシャレだけではなく矯正することも目的にもなります。 乱視用のカラコンなど度ありのカラーコンタクトレンズは、厚生労働省の認可が必要になる高度管理医療機器として分類されています。通販サイトでカラーコンタクトレンズを手軽に購入することも可能ですが、通販で購入する場合には、カラーコンタクトレンズの種類の豊富さを気にするより前に、まずは高度管理医療機器認可証があるサイトやショップであるかどうかを確認する事が重要です。利用する店が、厚生労働省から認可されている店であるかどうかを必ず判断しましょう。 乱視の方の場合、以前はカラーコンタクトが使えないという時代もありましたが、今では乱視用のカラコンの種類も増えており、通販でも手軽に購入して、オシャレを楽しむことができるようになっています。 乱視は度数や軸などを正確に合わせる必要があります。自分の程度にあったカラーコンタクトを選ぶのはもちろんですが、眼科で処方箋を出してもらって系列の店舗などで購入することが眼のためには良いことです。

乱視の場合でもカラコンでオシャレを楽しむことができます。カラコンはオシャレの一部のような印象がありますが、通常のコンタクトレンズ同様に眼に直接のせて使うものなので、レンズによっては眼にトラブルを引き起こす可能性もあります。眼科で処方箋をもらい系列の店舗がある場合には、そこから購入することが安心できる購入方法です。

  • 2019.12.09
  • 16:39

通販サイトで乱視カラコン選び!販売品の中から自分に合うものを上手に探すコツ

乱視カラコンを使えば、物が二重に見えたりせずにおしゃれを楽しめます。黒目が大きく見えて、かわいくなれるなど種類が豊富なので使ってみたいと思っている人はきっと多いはずです。通販サイトでも販売していますので、上手に探すコツを押さえて購入してみましょう。

自分の視力などをきちんと調べておこう

自分の視力やどの程度の乱視なのかをきちんと把握していますか。これらを正しく把握していないと通販サイトで販売されているカラコンから最適なものを選べなくなります。ここが最も大事なポイントなので、良くわかっていないのならば眼科を受診して調べてもらってください。 何年か前に調べたから大丈夫だと思っている人もいるかもしれません。今の状態がわかっていないとせっかく購入しても合っていないために、すぐに他の物を購入することになるかもしれません。そうならないようにするためにも、今の状態を知ることがとても重要です。 以前とはどうも見え方が変わってきたと感じていませんか。それは視力が下がったからかもしれませんし、乱視の状態にも何らかの変化があった可能性があります。どうも目の状態が以前とは違っていると自覚しているのならば、早めに眼科を受診して徹底的に調べてもらってください。これは、カラコンではなく普通のコンタクトやメガネを使っている人にも同じことが言えます。 毎日のようにスマホを使ったり、パソコンを使う等していると視力が下がることがあるかもしれません。刻々と状態が変わってしまうので新しく乱視カラコンを購入する前に必ず調べてください。眼科を受診したり、メガネ専門店などに行って調べてもらいましょう。合わないものを使うのは良いことではないので、忘れないようにしましょう。

普通のコンタクトとどこが違うのか

通常のコンタクトを使ったことがあるけれど、乱視カラコンは使ったことがない人は意外と多いかもしれません。すでに、物が二重に見えていて日常生活に支障があるのならばこちらを使ってみてください。通常のカラコンやコンタクトと一体どこが違うのでしょうか。視力を矯正するだけではなく、ずれることまで考える必要があります。 普通のコンタクトとは違って軸がずれないようにしています。目は瞬きなどすることで良く動くために、コンタクトがずれないようにしないといけません。このため、視力を改善したり度なしとは違って部分的に厚さを変えて軸がずれにくくなるようにしています。 トーリックコンタクトレンズと呼ばれており、上下左右のどこかを薄くしています。ダブルスラブオフは上下を薄くして瞬きの際にレンズがまぶたにもぐりこまなくて済むレンズです。プリズムバラストは、レンズの下を厚くすることでレンズが回転しないように工夫しています。 もう1種類あり、以上の2種類の両方を掛け合わせたレンズもあります。以上の3種類の中からより自分の目に合っており、回転しにくいタイプを選んでください。瞬きするたびにずれて物が二重に見えては困ります。視力も悪い場合は度ありから選び、視力は特に問題がないのならば度なしから選びましょう。種類が多いので、以上のどれがよりずれにくく済むのかを考えて慎重に決めてください。

これさえ覚えておけば失敗しなくて済みます

では、具体的にどこに注意すればいいのでしょうか。度数、シリンダー、アクシスを押さえてください。これが失敗しないコツです。 度数(PWR)はレンズの球面度数です。視力矯正の数値で、マイナスで表記されているものは近視用、プラスで表記されているものは遠視用を指します。 シリンダー(CYL)は乱視の度数のことです。目の歪み具合を数値化しており、数値が大きくなればなるほど乱視が強くなります。物がかなり二重になって見える人は大きな数値を選んだ方が良いです。 アクシス(AXIS)は乱視による歪みの角度を表しています。人によってもかなり歪み方に違いがあります。歪みの角度を表していますので、0度から180度まで細かくわかれていることが特徴です。 以上の3つはどれもカラコンを選ぶ時に気を付けてみないといけない数字です。アクシスはAXと略して表記されていることもありますので、こちらも合わせて覚えておきましょう。 これらさえわかっていれば、装着した時にはっきりと物が見えるようになります。一つでも合っていないとはっきりと物が見えなくなってしまうので注意が必要です。通販サイトの注文ページを見てみるとこれらの数字が書いてあります。それを見て、自分の目に合っているかどうかを確認してください。それから注文すれば販売品の中からピッタリのカラコンを選べるはずです。

以上が通販サイトでも安心して乱視カラコンを選ぶコツです。最初に自分の目のことを正確に把握しておいてください。それさえ把握していれば、後はデザインはもちろんですが度数やシリンダー、アクシスが合っていることを確かめるだけです。

  • 2019.12.09
  • 16:40

Calendar
  • 今日
  • 定休日
  • 臨時休業

ご注文は年中無休24時間ご対応しております。

ページトップへ