なかなか販売されてない!通販なら手に入る乱視カラコンが普通のカラコンよりもハードルが高い理由

2020/01/09

なかなか販売されてない!

乱視用のカラコンを通販で探しているけど、なかなか販売場所が見つからないと困っている人も多いのではないでしょうか。
乱視カラコンは普通のカラコンよりも手に入りにくいと言われている理由の一つに、ハードルが高いということがあります。
ここではなぜ手に入りにくいのか、ハードルの高さにスポットを当てて理由を説明します。

販売されている種類が普通タイプより少ない
コンタクトレンズを販売している通販サイトは無数にありますが、販売されているのは普通のレンズばかりという通販サイトも少なくありません。
乱視カラコンは、普通のものよりも種類が圧倒的に少ないため、それが手に入りにくさにつながっていると考えられます。
普通のカラコンは、正視の人や近視の人などを対象にして作られています。
乱視は瞳の中にある角膜や水晶体がゆがみ、ピントが合わなく状態によって視界がぼやけて見えるようになります。
つまり見えにくいという理由が近視とは違うため、矯正するには普通のコンタクトレンズではなく、専用のものを使う必要が出てきます。
乱視の人には専用のコンタクトレンズを作る必要が出てきますが、専用のカラコンが開発されたのは普通タイプよりも遅いため、種類があまり出回っていないと考えられます。

乱視の人の数よりも、近視や正視の人の数が多いというのも、普通タイプよりも市場に出回りにくいと言われている理由になるでしょう。
乱視用のカラコンの中でも度ありのものは高度管理医療機器に分類されるため、厚生労働省の認可が必要になります。
高度管理医療機器を販売するには許可が必要になり、許可を持っていない通販サイトは販売することができなくなります。
販売されている場所が制限されるというのも、乱視用のカラコンを探している人にとってはハードルが高いと感じることがあるかもしれません。

乱視の程度には個人差があり合うものは限られている
ピントが合わずぼやける状態と言っても、乱視の程度には個人差があるため、使用するコンタクトレンズはそれに合ったものを使用します。
自分に合ったものを利用する前に、眼科医で目の検査が行われますが、その時に出される数値がCYLやAXISです。

CYL…乱視の程度を表す。
数値が大きくなるほど程度が強いということになります。
AXIS(0~180度)
乱視の角度を表していて、角度によって二重に見える物の方向性を調べます。
程度と角度の数値から、その人にあったコンタクトレンズが決定されますので、とても大事な数値ということが分かります。
2種類の数値の組み合わせは、その人によって異なるため、合うコンタクトレンズは限られてきます。

通常CYLとAXISから割り出されたものを処方してもらいますが、実際に装着して、目の動きを邪魔しないかどうか、装着してもレンズが安定しているかどうかと言ったつけ心地も考慮に入れる必要があります。
長時間つけても違和感がなければ問題ありませんが、自分に合ったものを見つけるには、複数のポイントについてチェックしなくてはなりません。

自分の数値が市場に出回っているものに合致しにくいということになれば、なかなか見つけられないということにもつながります。
出回っている種類が少ないことに加え、ぴったり合ったものを見つける必要がある、この2つの要因が、カラコンを手に入れるハードルを上げています。

処方箋を出してもらわないと作りにくい
コンタクトレンズを購入する時、処方箋を求められることが多くあります。
処方箋の提出には法的義務はなく、提出しなくても購入は可能です。
通販サイトの中には処方箋なしでコンタクトレンズやカラコンを販売しているお店も多くあります。
処方箋の提出は、レンズを装着することで目のトラブルが発生してしまった、と言う事態を避けるためです。
乱視用のカラコンも処方箋なしで手に入れることは可能ですが、近視や遠視の人に比べて目に合う・合わないが出てきやすいため、購入前に処方箋を出してもらう場合が多くなります。
目に合わないものを装着していると、目が疲れやすくなったり、程度が進んでしまうことにもつながりますので、処方箋の重要性は、普通のカラコンで間にあう人よりも高くある傾向があります。



処方箋を出してもらうには眼科に行かなくてはなりませんし、購入まで時間がかかってしまいます。
自分に合ったカラコンが品切れだったり販売されていない場合、取り寄せということになりますが、商品が到着するまで待たなくてはなりません。
こうした時間的な面から見ても、手に入れるハードルは高いと言えます。
処方箋が面倒くさいから必要のないお店で好みのカラコンを買いたい、という気持ちにもなりますが、合わなかったら無駄になってしまいます。通販サイトの中には乱視用のコンタクトレンズなどを多く取り扱っているところもありますので、まずは処方箋を眼科医から出してもらい、それに合った商品を販売しているお店を探すといいでしょう。

乱視カラコンは種類が少なく、気軽に手に入りにくいという特徴があります。
処方箋の数値や装着した時のつけ心地などから、選ぶ必要があるというのも手に入れるハードルを高くしている理由になります。
ハードルは高いですが、絶対に手に入らないということではないので、種類を豊富に取り扱っているお店を見つけることがポイントになるでしょう。