販売の仕組みは?乱視カラコン通販のオーダーメイド製造について

2020/01/09

販売の仕組みは?

乱視カラコンを販売している通販サイトの中で、オーダーメイドで製造するサービスを提供しているところも増えてきました。
乱視の人にとっては、その人の目の状態に合ったものを利用することが前提ですが、なぜオーダーメイドが必要になるのでしょうか。
もしサービスを利用した場合、どのような流れになるのか見ていきましょう。

なぜオーダーメイドが必要なのか

乱視の程度やゆがみの角度には個人差があります。
どのように歪んで見えるか、大きく分けただけでも3種類あります。
通常目の検査は眼科で受け、その結果をもとに自分にあうメガネやコンタクトレンズを選んでいきます。
検査の結果はCYLやAXISと言った数値で表されますが、それぞれ乱視の度合いや角度を表しています。
これらの数字の組み合わせには個人差があり、分類することが難しいほどデータは多岐にわたります。
市販されている乱視用のコンタクトレンズやカラコンは、上部は薄く下部には厚みをもたせているという風に、普通のコンタクトレンズと構造が変わってきます。
通販サイトなどで販売されている乱視用のコンタクトレンズは、データをもとに作られていますが、平均した数値を参考にしている場合が多いようです。
ですが乱視の目はとても繊細で、矯正するには、その人の目にできるだけあったものが必要になります。
中には市販されているものが合わず、目が疲れやすくなったり、お洒落がしたいのに出来ないと落ち込んでいる人も少なくありません。
こうした人達の悩みを解消するために、オーダーメイドでカラコン作るサービスが登場してきました。
特に乱視カラコンを多く取り扱っている通販サイトにその傾向が見られるため、自分にあったカラコンが見つからないという時は、こうしたサービスを利用してみてはいかがでしょうか。

オーダーメイドサービスの主な流れ
自分に合うカラコンが販売されていなかった場合、オーダーメイドになります。
乱視カラコンのオーダーは、通常サービスを受け付けている通販サイトから申し込みます。申込みの際には、作成に必要なデータが必要になります。
処方箋の提出を求めているお店もありますし、レンズデータのみというところもあります。度ありの場合、注文するカラコンの種類によっては度数・CYL・AXISと言った数値が必要です。
ベースカーブデータ(眼球のカーブ具合を示す数値)も必要になります。
レンズは1枚から申し込める場合もあれば、2枚1セットと決まっている場合もあります。注文する時は数量をよく確認しておくと、後でトラブルを避けることが出来ます。
一度申し込みをし、購入手続きが済むと、後は商品の到着を待つだけです。
手続きが終わってから商品が届くまでは店によって異なりますが、だいたい2週間程かかります。
なぜこれほど時間がかかるかと言うと、オーダーメイドということもありますが、多くのカラコン販売サイトは受注した注文を韓国など海外で製造することが多いからです。
商品が届いたら実際に装着してみて、よく見えるかどうか確認してみましょう。
目の動きにフィットして使い心地が良いかどうかというのもチェックポイントになります。長時間つけても疲れにくいということでしたら、自分に合った商品といえます。



オーダーメイドで注文する時の注意点

自分によく合うカラコンを作るには、注文時のデータがとても重要です。
この時数字が曖昧だったり適当にしてしまうと、よく見えない・使いづらいと言ったことにもなりますので、できるだけ正確に数値を記入するようにします。
正確な数値を知るには、検査を受けて処方箋を出してもらうことです。
注文する時に処方箋は必ず必要というわけではありませんが、これまでコンタクトレンズを作ったことがなかったり、久しぶりに作るという時は、事前に眼科で検査を受けておくといいでしょう。
ベースカーブデータなどの数値が曖昧という場合も、念の為に処方箋を出してもらうことをおすすめします。
オーダーメイドなので、注文後に内容を変更することはとても難しくなります。
慌てて購入ボタンを押さずに、注文内容をよく確認しましょう。

通販サイトは申し込むだけなので、手軽に利用できるところが魅力ですが、注文する時は内容を間違えたりしないように注意することが必要です。

アイズアイは最短5日で発送可能な乱視コンタクトを取り扱っています。

乱視コンタクトを探してみる